中国の墨買取/書道具・骨董品・福岡
先日は福岡県粕屋郡にて書道具の硯や墨、筆や拓本、掛軸などを沢山買取り致しました。
この墨は中国の胡開文製のものでした。

古い墨買取

胡開文とは康熙・乾隆時代に活躍した中国の墨匠で、名は正、字は開文といいます。胡開文と同じ時代に活躍した墨匠として汪近聖、汪節庵、曹素功がおり、合わせて清代製墨の「四大家」と呼ばれています。
胡開文は中国・安徽省出身で、中国・安徽省は良質の水・松・膠・漆が採取でき、墨を作るのに適した条件が揃っており、ここで作られた墨は高い品質である事から「徽墨(きぼく)」と呼ばれていました。
その徽墨の墨匠であった胡開文は海陽(休寧)と屯渓の二ヶ所に店を開き、曹素功、汪近聖と並ぶ墨店として高い評価を得ていました。その事が文房清玩の趣味を持っていた乾隆帝の耳に入り、乾隆御墨の製作を命じられ、数々の御墨を献上しました。
その後、胡開文の弟子たちによって中国各地に支店が開かれ、曹素功と共に中国の墨市場を独占する存在となりましたが、中華民国を経て中華人民共和国が誕生すると文化大革命によって胡開文の店は曹素功と共に上海墨廠として統合されてしまいました。この墨は最近の新しいものですが古い胡開文はとても高いものもあります。墨の買取ポイントは時代の古い物であることと欠けや割れが少ない物、古くても未使用の物、箱がある墨…などが高価買取ポイントです。もちろんメーカーや銘で価格が変わります。骨董品買取の福岡玄燈舎では墨や硯を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00