竹籠の買取/茶道具・福岡・骨董・花入
福岡県久留米市にて茶道具の出張査定を頂きました。とても古い茶道具が部屋いっぱいにあり
ワクワクした査定になりました。茶わんや鉄瓶、掛軸はもちろん写真の花籠や竹籠もあります。

竹花入れ買取
花入の材質は大変多く、銅などの金属器、陶器、磁器、木、竹、籠、瓢などがあり、同じ素材でも形状や意匠が多彩です。
遊環の有無、口造りや耳、焼き物では釉薬や模様、絵など、目でも様々な模様を楽しめます。茶道具としての花入は新しい発想も生み出す土壌となりました。竹の花入の創作や籠、瓢(ふくべ)など、様々な趣向を取り入れた時代ならではの展開を見せ、見立て道具としてのおもしろさを鑑賞することも醍醐味といえます。
花入れには中釘や床柱の花釘に掛ける「掛花入」、床の天井や等から吊るす「釣花入」、床に置く「置花入」があります。
床が畳敷きの場合は置花入の下に薄板を敷き、籠の場合は薄板を敷きません。
板床の場合は直接花入を飾りつけ、敷板は使用しません。
花入は飾り方によって「掛花入」「置花入」「釣花入」に、材質によって「真」「行」「草」に分けられます。
真… 胡銅・唐銅・唐物青磁など
行… 釉薬のかかった和物の陶磁器など
草… 竹・籠・瓢(ふくべ)・釉薬をつけていない陶磁器など
とされ、茶事や掛け軸、他の道具との取り合わせなどにより使用する花器を選びます。
こちらはとても時代のある掛花入れ竹籠で茶室によく似あいそうですね。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具や花入れ買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00