大きな鉄瓶買取りました/茶道具・福岡・骨董品…
福岡県太宰府市より茶道具の査定依頼を頂き茶掛けや屏風、鉄瓶や湯沸かしなどお預かりいたしました。この鉄瓶は南部鉄器で普通のより一回り大きなアラレ鉄瓶です。錆はありますが現在でも使用できる鉄瓶です。摘みはお決まりの松の美摘みで「南部鉄器」の刻印があります。ありがとうございました。
鉄瓶。茶道具買取
鉄瓶の錆について…使用後1~3か月程度で徐々に赤褐色の斑点が付き、1年ほどかけて水に含まれるミネラル分である湯垢が定着し、サビにくくなります。この内部の変化を楽しめるのも鉄瓶の魅力のひとつです。鉄瓶が錆びてしまっても、そのまま
水を8分目までそそぎ30分ほど沸騰させる。
そして白い容器にお湯をそそいでお湯の色を確認する。
お湯の色が透明になるまで1~2を繰り返す。
透明になったら味を確認し、サビ臭く無ければ完了です。
なお内部にびっしり赤いサビがついて、お湯が赤く濁ったりサビの味が強く出て気になったりする場合は、緑茶を使ってサビをとりましょう。
骨董品買取の福岡玄燈舎では鉄瓶や茶道具全般買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00