茶杓の買取/茶道具・福岡
福岡市南区にて茶道具買取がありました。
茶杓や茶筅、掛軸や鉄瓶、茶釜や急須など師匠クラスの上質な茶道具をお預かりいたしました。茶杓は黒田正玄の物もありました。
茶杓茶道具買取
黒田 正玄(くろだ しょうげん)は千家十職の一つで、竹細工・柄杓師を務める家が代々襲名している名称です。柄杓の他、台子、香合、花入など竹を使う茶道具を製作し、千家に納めてきた家系です。
黒田家は、越前黒田庄の武士の家でした。西軍に加わっていた初代の黒田正玄は、関ヶ原の合戦の後大津に居を構えました。小堀遠州と交流があり、熱心に稽古に通っていたため「日参の正玄」と呼ばれていたそうです。そのころすでに柄杓を生業としておりました。柄杓作りは、秀吉から天下一の称号をもらっていた一阿弥から手ほどきを受けたようです。
ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では茶杓など茶道具全般をお買取り致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00