茶道具の茶碗買取/福岡・骨董品…
福岡市城南区より茶道具の器や掛軸、茶壷や棗、急須などお預かりいたしました。萩焼が多くその中でも三輪休雪の作品もあり高価買取させ頂きました。三輪休雪は山口県萩市の萩焼窯元・三輪窯の当主が代々襲名している陶芸作家としての名跡です。単に休雪(きゅうせつ)とのみ呼ばれることもあります。当代は第13代になります。三輪窯は江戸時代寛文年間に起こったと言われ、代々坂高麗左衛門の坂窯と共に萩藩の御用窯を務めていた由緒ある窯元です。

萩焼茶碗の買取
『休雪』という名の由来は定かではありません。けれど三輪家に古くから伝わる名前のひとつで、『休』は茶道の大成者千利休から、『雪』はやはり室町時代に活躍した水墨画家、雪舟から、という説もあります。
三輪窯ならではの“休雪白”と呼ばれる独特の白色は、10代休雪が編み出した藁灰釉の効果によるものです。また、茶碗の大きな見どころのひとつでもある高台は、桃山スタイルの割高台をさらに進化させたような大胆な造形です。代々の伝統を受け継ぎながら、13代ならではの形ですね。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶碗や茶道具全般を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休
8:00~20:00