竹籠、花籠の買取/茶道具・骨董・福岡…
福岡市中央区より茶道具や掛軸の出張査定がありました。鉄瓶や茶碗のほか竹籠、花入れや花籠など多数ありました。この籠は八木澤啓造(蒼玕)の竹網籠花入れです。
花籠・竹籠・茶道具
八木澤啓造氏は、黒羽町の竹工芸家であった鈴木峯斎氏に師事し、その後大田原に「八木澤竹工房」を設立し、竹工芸の創作にあたるとともに後継者育成に力を注いだ。息子の八木澤正氏は、父八木澤啓造氏の遺志を継いで竹工芸の道に入っています。
栃木県大田原市の竹は質がとても良いとのことで上野動物園のパンダの餌としても提供されていたそうです。
そして人間国宝の勝城蒼鳳も大田原の方です。
勝城蒼鳳(かつしろそうほう)
昭和9年2月23日生まれ。昭和24年から竹製農具などの製作に携わり、
八木沢啓造に師事し、数年後に斎藤文石に師事しました。
平成17年に竹工芸で人間国宝に認定。
そんなわけで竹工芸の茶道具には高価買取できるものが沢山あります。状態と作者で値段が変わります。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具の籠や竹網花入れなど買取り致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休
8:00~20:00