茶釜、風炉買取/茶道具・福岡・骨董品…
先日は福岡県筑紫野市より茶道具や書道具の買取査定依頼がありました。掛軸や硯のほか茶碗や鉄瓶、棗などとても上質な茶道具をお預かりいたしました。

茶釜・茶道具買取

この茶釜は銘こそありませんが
とても良い作りの鉄味の良い茶釜でした。錆も少しありますが手入れしてすぐに使用できるものです。
茶釜は、大和時代に中国から伝わった「鍑(さがり)」と呼ばれる道具が元になっていて、これが長い年月をかけて改良され、鎌倉時代末期~室町時代初期ごろに、現在のような形の茶釜が誕生したとされています。
当時主に茶釜が鋳造されていたのは、現在の福岡県遠賀郡芦屋町周辺と栃木県佐野市周辺の2ヵ所で、これらの産地で鋳造された茶釜はその土地の名から、それぞれ「芦屋釜」「天明釜」と呼ばれています。
戦国時代になると、戦国武将たちがこぞって茶の湯を嗜んだことで、茶釜も全国的に広がっていきます。
特に天下統一を成し遂げた豊臣秀吉は、上記の2大産地から職人たちを京都に集めてたくさんの茶釜を作らせました。これをきっかけとして、茶釜の生産は京都が中心となっていきます。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶釜や鉄瓶など茶道具全般を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00