火箸/茶道具の買取/福岡・骨董品…
福岡市城南区より茶道具や掛軸、中国陶器や油絵、鉄瓶や硯など多彩な買取をさせて頂きました。この火箸は真鍮に骨の細工物が合わさってとても趣のある火箸に仕上がっています。在銘はございませんが明治期の物だと聞いております。明珍家は平安時代より続く甲冑師の家系であり、12世紀半ばに近衛天皇よりその技を賞賛され「明珍」の姓を賜りました。

火箸・茶道具福岡
戦乱の世を経て江戸時代には姫路藩のお抱え甲冑師として姫路へ移り住むこととなりました。
しかし明治時代の廃藩置県により甲冑の需要がなくなり、千利休のために火箸を作ったという故事にならい火箸製作で起死回生を図ります。戦時中は鉄の入手が困難になり、戦後の高度経済成長期には火箸の需要が低減するなど何度も危機に見舞われます。伝統の技を途絶えさせないため、52代明珍宗理が試行錯誤を重ね、昭和40年ついに「明珍火箸風鈴」が誕生しました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00