高麗青磁茶碗の買取/茶道具・福岡/骨董…
福岡県春日市にて高麗青磁や棗、屏風など茶道具一式を買取致しました。

高麗青磁買取

この茶碗は作者はわかりませんが透き通るほどの柔らかな青磁に牡丹の花が描かれています青磁茶碗でした。
高麗(こうらい)時代〔918~1392年〕になると、10世紀頃に、韓国ではじめて青磁と白磁が焼かれました。この青磁は中国の浙江(せっこう)省北部に広がる五代越窯(えつよう)の影響によって生まれましたが、12世紀には、「翡色(ひしょく)」と呼ばれる深い青みを帯びる美しい釉色、白や黒に発色する土をはめこんで装飾する象嵌(ぞうがん)という技法など、高麗青磁特有の姿となっていきます。こうした高麗青磁の二大生産地として有名なのが、南西部に位置する康津(カンジン)と扶安(ブアン)です。また、鉄の顔料で文様を描く青磁鉄絵や、黒釉等が焼かれました。このように頂点をきわめた青磁も、14世紀頃からの政治不安のなかで、実用的で大量生産にふさわしい、灰色を帯びて堅く焼きしまった姿へと変っていきます。高麗青磁(こうらいせいじ)は、朝鮮半島の高麗時代(918年 – 1391年)に製作された青磁釉を施した陶磁器と、20世紀になり復活した高麗時代の製法による青磁釉を施した陶磁器があります。

骨董品買取の福岡玄燈舎では青磁茶碗など茶道具を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00