柿右衛門の皿/骨董品・買取・福岡…
福岡市西区にて柿右衛門や今右衛門の皿、花瓶、茶器などをお預かりいたしました。

柿右衛門買取/福岡

この小さな皿は十二代酒井田柿右衛門の作品です。透き通った白磁に繊細かつ立体的な鶉絵を描いております。ありがとうございました。酒井田柿右衛門(十二代)は明治から昭和に活躍した陶芸家です。
佐賀県出身で11代の長男として生まれます。父に学び、大正6年12代を襲名しました。
柿右衛門様式は、主に大和絵的な花鳥図などを題材として暖色系の色彩で描かれ、非対称で乳白色の余白が豊かな構図が特徴です。上絵の色には赤・黄・緑、そして青・紫・金などが用いられます。また、器の口縁に「口銹」と言われる銹釉が施されている例も多くあります。同じ有田焼でも、緻密な作風の鍋島様式や寒色系で余白の少ない古九谷様式と異なり、柔らかく暖かな雰囲気を感じさせる作風です。12代と13代は1947年頃から濁手の復活を目標とし、1953年に初めて濁手の作品を発表しました。濁手の製作技術は1955年に国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択され、1971年には重要無形文化財に指定されています

骨董品買取の福岡玄燈舎では柿右衛門の壷や花瓶、皿を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休
8:00~20:00