唐硯の買取/福岡・骨董品・書道具…
先日は福岡市西区より中国の硯や筆、墨や軸など上質な古い書道具を買取りました。この硯は端渓硯の古いもので玉眼や青花、氷紋など観賞用のポイントとなる模様が入っています上等な硯でした。ありがとうございました。端渓硯とは、中国広東省肇慶市を産地とする“端渓石”と呼ばれる種類の石を素材として作られた硯の名称であり、硯の一種類です。しかし、端渓硯は単なる硯の一種類ではなく、おおよそ、その出現時(初唐)から“硯の最高峰”として絶対的な地位を他に譲ることはありませんでした。端渓有名三抗(老坑、坑仔巌、麻仔坑)がよく知られている硯の産地名です。

端渓硯の買取
なお王朝期時代、端渓硯の佳品ともなれば皇帝へ貢がれ、また、高級官僚のあいだではそれを所有することがステータスともなり、ときには賄賂として使われることもあったほど希少で収蔵価値の高い硯でした。古来、端渓硯は硯としてのその優秀さを称賛されてきました。“墨の伸びが良い”、“墨色が良い”、“墨の下りがはやい”、“墨を磨る力が衰えない”、“溜めた墨が涸れない”、“筆先を損じない“。端渓石のモース硬度は極めて低く、粒度は極めて細かく、また吸水性、透水性においても極めて低いということです。これらの特性が優秀な硯であるための条件と合致しているからだとされます。骨董品買取の福岡玄燈舎では書道具や茶道具買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休
8:00~20:00