印材の買取/書道具・福岡・骨董品…
福岡県粕屋郡にて書道具の硯や印材、墨をお預かりいたしました。1980年代に中国より購入された獅子の印材です。他にも端渓硯や唐墨などもお預かりいたしました。ありがとうございました。
印材の買取
印材について少しお話しいたしますが様々な石や金属、骨といった印材がありますが、中国では珍しい宝石を用いた印鑑が貴重です。さらに金や銀、そして銅などの金属類が身分の高い人に愛されていました。
このような印材で作られた印鑑で、尚且つ古いものであれば骨董的な価値も期待できるでしょう。
印鑑を作る際には当然印材を彫ります。イメージとしては押印する側(下側)のみを彫ると思っている人がいますが、持ち手の方もオシャレに装飾することがあります。いかにも中国という感じがして荘厳さを感じさせるでしょう。最近も石印材を用いてオシャレな見た目の印鑑を作って愛用している人もいます。
中には相当な値段の石印材もあります。印鑑は人前に出すものではありませんが、つい見られてしまうこともあります。ある程度の地位にある人の場合は、見栄えの面でもしっかりとした価値のある印材を使用されています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では書道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00