難波焼赤楽茶碗買取りました/福岡・茶道具…福岡市中央区より茶碗や鉄瓶、茶掛けや釜など茶道具を買取致しました。この赤楽茶碗は箱はございませんが幻の「難波焼」ということでした。時代も江戸時代初期だといわれます。ありがとうございました。

楽茶碗の買取福岡
楽焼(らくやき)は、一般的に電動轆轤や足で蹴って回す蹴轆轤(けろくろ)を使用せず、手とへらだけで成形する「手捏ね」(てづくね)と呼ばれる方法で成形した後、750℃ – 1,100℃で焼成した軟質施釉陶器です。また、楽茶碗などとも呼ばれます。 狭義には田中(樂)家の歴代当主が作製した作品やその手法を得た弥兵衛焼(後の玉水焼)、金沢の大樋焼が含まれます。 広義には同様の手法を用いて作製した陶磁器全体を指します。
また千利休らの嗜好を反映した、手捏ねによるわずかな歪みと厚みのある形状が特徴です。茶道具(茶碗、茶器、水指、花入、香合、蓋置、建水など)や炭道具(灰器、火入、香炉など)のほか、向付などの懐石具として使用されます。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休