懐中時計の買取/福岡・骨董品…
福岡市中央区にアンティークウオッチや茶道具、今右衛門など多彩な買取をさせて頂きました。この懐中時計は米国製ウォルサムの時計です。今でもしっかり動いており精度も良いようなので高価買取致しました。ありがとうございました。

懐中時計の買取/福岡

懐中時計は海外から伝わってきました。 その中で、歴史上の有名な人物が愛用された記録も残っています。
1860年、江戸時代に渡米した幕府の使節団を通し、 アメリカのブキャナン大統領 から14代将軍、徳川家茂に贈られたウォルサム懐中時計や1869年に薩摩藩主、島津忠義が西郷隆盛に贈ったロンジンの金時計などの記録が残っております。
この後、1879年(明治12年)に大野規周氏の高弟、大野徳三郎氏が懐中時計の 機械および側を手工で製作したのが日本で初めて生産された懐中時計と言われています。やがて、日本でも時計ブランドが立ち上がり、懐中時計が日本国内で製造、販売されるようになりました。

骨董品買取の福岡玄燈舎ではアンティークウオッチを買取ります。動かないでも構いません。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休