印材の買取/福岡・骨董品・書道具…
先日は福岡県前原市にて書道具の硯や墨、印材や茶道具の鉄瓶など買取させて頂きました。ありがとうございましですた。中国では古代より、印材によってその所有者の身分を示しました。 一般的に上位から玉(宝石)・金・銀・銅となります。

印材の買取/福岡

玉印の印材は、翡翠、瑪瑙、水晶などを使用する場合が多いです。印材の中で最もポピュラーな青田石・寿山石・巴林石のほか、高価な田黄・鶏血など多種多様です。数えるときは、1個を1顆(か)や1方などとします。鈕(ちゅう)つきの印材は、1鈕などと数えます。印材を選ぶ際は、質にムラがなく、透明度があるもの、印面にヒビが入っていないものを選ぶとよいです。
選び方:石印材は同じ産地でも質にバラツキがあります。
石質がしっとりしていて半透明なものがよいでしょう。硬い砂粒やヒビが入っているものは避けたほうがよいです。残念ながら、最近の青田石は質が落ちているのが現状のようですね。

骨董品買取の福岡玄燈舎では書道具を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00