人間国宝作品の買取/福岡・骨董品…
福岡市早良区にて茶道具や着物、帯留めやおもちゃの買取をさせて頂きました。

人間国宝買取/福岡

写真の茶碗は人間国宝の「原清」さんの作品です。1954年に京都で石黒宗麿の内弟子となった後、清水卯一に師事し陶芸を学びます。1976年日本陶磁協会賞を受賞。重要無形文化財「鉄釉陶器」保持者に認定されました。原清が用いた陶芸技法は鉄釉と言われています。これは釉薬の中の鉄分を調整して黒や褐色の色を出す技法ですが、原清は特にこの2つの色に集中しました。そして、例えば風に揺らぐ草花や草原を駆ける馬など、シンプルでありながらスケールの大きさを感じさせる大柄な文様を描く作風を生み出しました。
原清の作品は多くを茨城県陶芸美術館に寄贈しています。その数70点にものぼります。原清の代表作としては1969年に伝統工芸新作展で優秀賞を受賞した「鈞窯の壺」や1997年に日本伝統工芸展で優秀賞に輝いた「鉄釉鳥文大鉢」などがあります。
また、1994年には埼玉県寄居町役場のエントランスホールに陶壁を完成させています。この陶壁には「希望」というタイトルが付けられています。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具や人間国宝作品買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00