筆架の買取/福岡・骨董品…
福岡市中央区にて書道具や仏像、茶道具や版画の買取を致しました。写真の書道具は焼物の筆架です。筑前笹田窯焼きの喜三郎窯作品です。とても可愛いデザインの書道具ですね。少し洋風な感じでインテリアでも良いですね。ありがとうございました。

筆架の買取/福岡

筆架とは筆を使用後、洗って掛けて置く「筆掛け」、 書いた後そのまま机上に枕にして倒して置く「筆架」、 筆架のうち枕の部分が同一の高さで四個並んでいるものを「筆牀」と言っています。使用後の洗った筆を倒して入れて置く盆状の器を「筆船」といいます。ここではこれらを総称して筆架として扱います。筆格という呼称もありますが文房清玩の具として古くから愛玩されているのは、使った筆を一時休息させるためにそのまま、鋒のつけ根の部分を枕にあてて置く筆架(牀)が最も多いからです。

骨董品買取の福岡玄燈舎では書道具を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00