象彦の菓子器/福岡・茶道具買取…
福岡市中央区より茶道具の買取をさせて頂きました。蒔絵の棗やお重、菓子器など多彩な茶道具でした。

象彦の買取・福岡

その一つにはとても綺麗な象彦の菓子器もありました。グリーンの塗が鮮やかなもので漆の塗がとても強いもので箱には入っておりませんでしたが痛みもありませんでした。ありがとうございました。象彦は寛文元年(1661)創業の、宮中や京都迎賓館の御用をつとめる三百数十年続く京漆器の老舗「京漆匠 象彦」のことですね。
「象彦」の名は、朝廷から蒔絵司の称号を授けられた名匠・三代西村彦兵衛が、晩年に菩提寺に奉納した「白象と普賢菩薩」を描いた蒔絵額が京都で大評判になり、人々はこの額を象牙屋の「象」と彦兵衛 の「彦」の二字をとり、「象彦の額」と呼ぶようになったという話に由来しています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では象彦の茶道具買取ります。福岡県内は無料出張査定いたします。
お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~2-0:00