雨畑硯の買取/福岡・骨董品…
先日は福岡市南区にて書道具の硯や墨、筆など買取り致しました。この雅な硯は雨畑石の硯でとても薄い硯ですが細筆など短冊を描く際に使用する重宝する硯だと思われます。ありがとうございました。元禄三(1690)年、雨宮孫右衛門が身延山参詣の途中、富士川支流の早川河原にて黒一色の流石を拾い、これを硯にしたことが始まりとされています。

硯の買取/福岡
以来、硯づくりの研究を重ね、天明四(1784)年、将軍一橋公に献上したことからその名 が広く知られるようになりました。材質は、黒色緻密な粘板岩で、水分の吸収が少なく、石むらもなく、墨おりがよい等の特質を十二分に備えています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では雨畑硯を買取ります。福岡県内は無料出張査定いたします。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00