備前の布袋さん買取/福岡県・福岡市・骨董品…先日は福岡市中央区にて備前焼の器や花器、布袋さんなどの置物を買取致しました。銘はありませんが明治期の古い大黒人形でした。備前焼は、その昔古墳時代に朝鮮から伝わって生産されていた「須恵器(すえき)」が発展し、変化を遂げて作り上げられたものといわれています。

備前焼買取り
須恵器は同時代に作られていた土師器(はじき)に比べると、堅ろうで割れにくく、平安時代末期になると庶民の日用品として人気を集めていきました。そして、この須恵器が、各地で備前焼、越前焼、信楽焼、瀬戸焼、丹波焼、常滑焼などに発展していきます。特に西日本では須恵器が非常に盛んに作られており、その中でも現在の瀬戸内市内とその周辺の山には窯元が集中していました。「須恵」という地名も残っているほどです。備前市伊部(びせんし いんべ)地方で発展した須恵器は、鎌倉時代中期には備前焼として完成されました。ありがとうございました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では備前焼を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせ下さい。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します