沖縄のやむちん買取りました/福岡県・骨董品…福岡市中央区より琉球焼きの抱瓶を買取致しました。沖縄の焼物は総称して「やむちん」といわれているようです。とても独特な絵付けが特徴で魚紋など代表的な文様もあります。「やちむん」とは、沖縄の方言で焼き物のことをいいます。

やむちんの買取

厚みのある形や、素朴な佇まいが印象的なやちむんは、沖縄の自然や住む人々の穏やかな暮らしを思わせます。 その歴史は長く、沖縄が琉球王国と呼ばれていた頃にまでさかのぼります。 1600年、薩摩から琉球王国に朝鮮人の陶工3人が陶芸の技術指導のために訪れます。 さらに、1682年には、琉球国の尚貞王が県内各地の陶工たちを壺屋に集めました。 このことが、やちむんの基礎となる「壺屋焼」が生まれるきっかけとなりました。写真は抱瓶といって行楽時などに提げた携帯用の酒器です。腰のラインに沿う三日月形をしています。

ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では沖縄の焼物や古陶器を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付8:00~20:00年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。