トリオの無線機買取りました/骨董品・福岡県…福岡市東区にてアンティークな無線機やアンプなど多数買取り致しました。この無線機はトリオ製のビンテージ無線機です。

無線機の買取

トリオはアマチュア無線商品では、1966年にHFオールバンド SSB トランシーバーとして発売した「TS-500」をファーストモデルとする“500番台シリーズ”が人気になります。無線機の基本性能である送受信機能の向上を図り、コンパクトさ、使いやすさも充実します。ブラッシュアップを重ねてきた「TRIO」ブランドのアマチュア無線分野の代表的な製品となりました。トリオは春日電機から1947年に商標をTRIOとし、1960年には社名もトリオに変更。 オーディオブーム全盛の頃には山水電気(破産済み)、パイオニア(2015年3月2日よりホームAV機器事業は全てオンキヨーの完全子会社のオンキヨー&パイオニア(旧・パイオニアホームエレクトロニクス)へ移管)と並びオーディオ御三家とされ「サン・トリ・パイ」と通称されました。なお、創立者の春日兄弟は、1972年に社内クーデターで社を追われ、アキュフェーズを設立しています。
骨董品買取の福岡玄燈舎では古い無線機買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。