算盤の買取/福岡市・骨董品・福岡県…
先日は福岡市中央区より算盤や習字道具、掛軸など買取り致しました。

そろばんの買取

「三代朝吉作」とあります。高橋常作、村上朝吉という二人の大工が村上吉五郎の技術に改良を加え、完成したのが「雲州そろばん」です。その一人の作品のようですね。日本にそろばんが伝わってきたのは、おそらく室町時代の後半、16世紀の終わりごろと思われます。中国との貿易が盛んになるにつれ、貿易商の手で長崎、境(大阪)などの港町に持ち込まれたようです。現存するそろばんで最古のものは、加賀の前田家に伝わるものといわれています。豊臣秀吉が朝鮮に兵を進めた文禄の役(1592年)の折、肥前名護屋(佐賀県松浦郡鎮西町)に本陣を設けたときに藩主・前田利家が陣中で使用したとされています。
ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では雲州そろばんを買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します