明珍火箸の買取/骨董品・福岡県・福岡市…
先日の出張買取では福岡市中央区より茶道具一式を買取りました。掛軸や茶碗、棗や火箸、鉄瓶などとても上質な物ばかりです。そのひとつに51代明珍の火箸が有ります。

明珍火箸の買取

 

明珍火箸は19世紀のはじめ、甲冑師がその技術を生かして火箸を作ったのが始まりです。火箸の型は、20種類程あり、現在代表的なものはツクシ型、ツヅミ型、ワラビ型、カワクギ型の4種類です。象嵌はないもののさすがに響きはよく小さい音でも心に響く音です。その澄んだ音色と余韻は全国的にも有名で、冨田勲やスティービーワンダーなど国内外のミュージシャンからも絶賛されています。(どんな環境下でも音がぶれないとSONYのマイクの音質検査にも使われています)平安時代から続く明珍家は、48代目までは甲冑師として姫路藩主・酒井家などにつかえ数々の甲冑を作ってきたが明治維新で武士の時代が終わると、その昔、千利休から注文を受けて茶室用火箸を作ったという故事にならって、それまで余技だった火箸づくりに転じ、多くの茶人をはじめ、家庭用としても愛用され明珍火箸の名声は全国に鳴り響きました。ありがとうございました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では火箸など茶道具を買取ります。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。