鶴首花瓶の買取/福岡県・骨董品…
先日は福岡市西区より有田焼の花瓶や壺、大皿など買取させて頂きました。ありがとうございました。この花瓶は有田焼ではありませんが企救焼の鶴首花瓶です。とてもシンプルですっきりとした花瓶で凛とした立ち姿も綺麗な花瓶でした。

花瓶の買取

初代光峰は、名門上野焼の窯元14代龍峰の四男とし て生まれ、有田工業高校に陶技を極め、昭和31年時 の市長 並びに 文化人の誘致により 由来ある篠崎八幡神宮の裏高台地に 築窯 、『企救焼』 と命名し 今日に至っております。多年にわたって緑釉の研究をし、渋味のある緑青の鮮麗さが特徴の作品です。元となった上野焼(あがのやき)は、豊前小倉藩主・細川忠興公が慶長7年(1602年)に李朝陶工の尊楷を招き、陶土に恵まれた上野の地(釜の口窯)で窯を築いたのが始まりとされています。以来、細川家、小笠原家の歴代藩主が愛用した藩窯として栄えました。昭和58年には国(通産大臣)の伝統的工芸品の指定を受け、現在はおよそ20窯元が上野地区に点在しています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古い花瓶や壺を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。