銅鏡の買取/福岡市・骨董品。先日は福岡県北九州市よりコレクションされていた中国の銅器や銅鏡、陶磁器を買取り致しました。

銅鏡

 

写真の銅鏡は南蛮船に漢詩が描かれているような古美術品です。とても古そうなもので日本でよく見かけるような分厚い物ではなく薄い青銅の物です。波濤船舶八稜鏡です。中国宋・金代と朝鮮半島の高麗を代表する鏡です。荒れる波間を航行する一艘の船を描いています。また、上部に大きく明るく輝く太陽を意味する「煌丕昌天(こうひしょうてん)」の文字を表しています。その後、中国の明王朝で柄鏡が創出されると、まもなく中世の日本でも柄鏡(えかがみ)が作られるようになりました。日本では銅鏡は貴族や武士など有力者のもつ品物でしたが、次第に民間でも流行するようになり、江戸時代には一般庶民にまで銅鏡が浸透しました。ありがとうございました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古い銅鏡を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。