陶磁器(有田焼)の買取/福岡県・骨董品。福岡市中央区にて伊万里焼や有田焼の陶磁器を買取りました。陶磁器のほかには骨董品や掛軸や仏像、茶道具などもお預かりいたしました。有田焼の著名な作品としては今泉今右衛門さんが有名ですね。特に人気の高いのは十二代の今右衛門です。十二代は研究心深い陶工気質の肌で、近代色鍋島の復興に生涯を捧げた名工といえます。

十代、十一代の教えの中で、御用赤絵屋の家門を継承し、昭和15年には、商工省の技術保存の指定を受けています。特に肥前古陶磁の時代考証や鑑査に当たっては、鋭い鑑識眼の持ち主でもありました。また、昭和46年には色鍋島技術保存会の代表として、国の重要無形文化財の総合指定を受けました。その次の十三代ですが有田工業学校、東京美術学校工芸科を経て1949年に帰郷して家業を継ぐために修行を始めました。十三代目の転機は1952年頃から大川内や有田町などの窯跡発掘調査に随行した事です。そこで初期伊万里の陶片を発見して鍋島以外の古陶磁に触れたことが独自の作風につながったと語りました。十三代目の作品は今までの今右衛門様式とは一線を画す表現方法です。襲名直後の作品は伝統的な色鍋島の様式を踏襲しつつ、写生にもとづく細密な描写や余白を生かす動的な構成は自身の色を出す試みが見て取れます。襲名の翌年(1976年)からはコバルトの染付の絵具を吹きつける「吹墨」の技法を用いて濃淡に富む表現を実現し、さらに1978年には貴金属を含んだ黒色の顔料を吹墨と同様の技法で水墨画の様な濃淡を表現した「薄墨」を創案して、独自の表現様式を確立しました。最後に十四代です。十四代今泉今右衛門とは、重要無形文化財「色絵磁器」の保持者の人間国宝であります。江戸時代から続く白抜きの技法「墨はじき」。この技法を発展させた「雪花(せっか)墨はじき」という技法を生み出しました。下は略歴です。
1962年 佐賀県有田町に生まれる
1985年 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科(金工専攻)卒業
1988年 京都・鈴木治先生に師事
1990年 有田・父、13代今泉今右衛門の許、家事に従事
1998年 佐賀銀行文化財団新人賞受賞
日本伝統工芸展工芸会会長賞受賞
佐賀新聞文化賞奨励賞受賞
2012年(平成24年) 日本工芸会 西部支部の幹事長に推挙される
日本陶磁協会賞を受賞
2014年(平成28年) 有田陶芸協会会長に就任
重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定
骨董品買取の福岡玄燈舎では陶磁器や有田焼を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。