茶道具(陶器)買取/福岡県・骨董品…
福岡市東区で陶器製の手あぶりや茶碗、花瓶や鉄瓶などを買取りました。この手あぶりは高取焼の作品です。箱はありませんが釉薬の濃淡がとても綺麗な茶道具です。高取焼とは福岡県朝倉郡東峰村で継承されている陶器で、約400年ほどの長い歴史を持つ県下有数の古窯です。茶陶器を中心に作られており、特に茶入れは有名です。

 

茶道具買取

開窯当初の器は、破調の美を特徴とする織部好みによって作られ『古髙取』と呼ばれています。その後、江戸時代に徳川将軍の茶道指南役であった小堀遠州公により指導を受け『綺麗さび』と表現される瀟洒で洗練された美意識を受け継いだものは『遠州髙取』と呼ばれるようになります。「綺麗さび」とは、江戸時代初期に形成された茶の湯の美意識です。遠州の茶の湯にみられるもので、千利休のわび茶を基盤にします。遠州はこれまでの茶陶器とは違う、優美で均整のとれた、普遍的で客観性のある美の境地を作り上げます。そのため、土色で荒々しい器から白を基調とした綺麗な茶器を扱うようになり、高取焼の作風にも大きく影響を与えました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では高取焼や茶道具買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。