四国二六焼(陶磁器)/買取・福岡・骨董品…福岡県筑紫野市にて陶磁器の花瓶や壷、茶器、掛軸など買取いたしました。この茶器は四国愛媛の知る人ぞ知る佐々木二六焼きです。蟹のデザインが特徴の細かなつくりの陶器でした。ロクロを使わず、竹べらを絵筆のように駆使し、緻密な細工で知られる「二六焼」は、万年青、沢蟹、亀などの動植物を、あるがままに再現するところに特色があり、四国唯一の焼物です。初代二六(六太郎)の作品で、三島神社拝殿にある唐門上の鳳凰の飾り瓦が傑作品です。二代目二六(繁太郎)の作品「万年青」は、昭和天皇即位の大典に献上されているそうです。

陶磁器買取り・福岡
初代は陶芸家で宇摩郡村松村(現、四国中央市村松町)出身です。代々瓦製造に携わる家に生まれ家業の瓦製造業を継ぐが、明治16(1883)年、徳島で、日本屈指の熊本の人形師・松本喜三郎の生人形に感銘を受け、人形制作に情熱を傾けます。
佐々木二六は日本各地の窯元を訪れて研究を重ね、明治20(1887)年、相馬焼(福島県)の浮き上がる彫りに着目して反対に彫り込みをすることを思いつき、山水や花鳥、人物などの彫り込みや深い乳白色の釉薬を研究、苦心の末に故郷の村松村で二六焼を創始しました。
三代目二六(傳造)は、特に沢蟹や蛙の表現が卓越し、昭和34年以来、毎年創作していた繊細で躍動的な干支の作品で知られていたました。
ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では二六焼きなど陶磁器を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。福岡県内は無料出張査定いたします。