錫茶托買取/福岡・骨董品・茶道具…福岡市東区にて茶道具や書道具・掛軸や置物、有田焼など買取り致しました。この茶托は純錫製で平安 清課堂造とありました。
茶托の買取

平安 清課堂は江戸時代に錫師として創業し、宮中御用品、装飾品など、金属工芸品の製作に勤しんできたのが「清課堂です」。錫工芸の歴史は古く、古代エジプト王朝の遺跡に出土例があるほどです。日本では、飛鳥・奈良時代に中国から渡来したと伝えられ、当初は社寺の道具や貴族・武士階級の酒器および茶器に重用されました。
京の錫製品が長らく愛されてきたのは、公家文化の影響が強いと考えられます。そんな高級品が一般的に広まった江戸時代に初代 山中源兵衛が現在の場所に工房を構えてから。今日まで、宮中の御用品・神社仏閣の荘厳品・煎茶道の各御家元お好みを手掛けてきましたが、現在、甁子(へいし)や高杯(たかつき)といった錫製の神仏具を製作しているのは、国内では清課堂と他1軒を残すのみとなりました。「清課堂」という屋号は、明治時代に富岡鉄斎が付けたと言います。茶入れ、茶托といった錫製の煎茶道具はよく知られるところですが、顧客の要望によって作られ、以来密かに人気を博しているのが、銅製の湯沸かしだそうです。ありがとうございました。骨董品買取の玄燈舎では茶道具買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。