いぶし銀の茶器(急須)買取/福岡・骨董品…福岡市南区で茶道具や掛軸、有田焼や薩摩焼など陶磁器を買取り致しました。この急須はいぶし銀の急須で錫川堂とありました。いぶし銀とは洋銀製とも呼ばれ銅と亜鉛とニッケルの合金であり、展延製、絞り加工性、鋳造性、鍍金性など加工性と装飾性を備えており、加えて耐久性に優れています。もちろん素材の洋銀そのものの抗菌作用により、衛生的な素材です。ありがとうございました。
茶道具の買取・福岡

尚、純銀を使用した「銀瓶」はとても高価で代表的な作家、石黒光南(いしぐろこうなん)は日本を代表する金工家で、銀瓶・金瓶などの茶道具や酒器・香炉などを多く制作しています。現在は初代・光南の息子が2代目の石黒光南を襲名しています。石黒光南作品の特徴といえば、銀瓶の表面に無数の突起がある「霰(あられ)肌」です。この霰肌は光南が得意とする「霰打ち」の技法を用いたもので、タガネで銀を丁寧に叩き出すことで制作されています。霰打ちの技法を使える職人は少なく、制作に手間と時間がかかることから希少価値が高くなっています。
骨董品買取の福岡玄燈舎では銀の茶器や茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。