【茶道具(茶杓)買取/骨董品・福岡】
福岡市城南区で茶道具や書道具、掛軸や仏像、柿右衛門などの有田焼陶磁器を買取いたしました。茶道具の中には上質な茶尺もあり高価買取させていただきました。ありがとうございました。この茶尺は中村宗哲さんの銘のある茶尺です。

 

茶道具の買取・福岡

中村 宗哲(なかむら そうてつ)は、千家十職の塗師です。中村家は、400年近く続く塗師の家で当初は蒔絵を施した家具などの製作(「通例塗師」といわれる)も行っていましたが、明治時代以降は茶道具の塗師(「型物塗師」といわれる)専業となっています。千宗旦の次男、一翁宗守(1593年~1675年)は、中村宗哲家の初代八兵衛(1617年~1695年)の娘婿となり、吉岡甚右衛門を名乗り塗師を営んでいましたが、父・宗旦から官休庵(武者小路千家)を譲り受けた際に、家業を八兵衛に譲り吉岡家を出て千家に復しました。特筆は三代目で若くして茶の湯の修練業「七事式」の制定に携わった方です。表千家七代如心斎や裏千家八代又玄斎ら宗匠から信頼を得られたことも支えとなりました。利休型など、茶器の標準化にも意欲的に取り組みます。代表的な棗の標準化と分類は三代目の功績とされ、当時確立された茶器の寸法と形は現在の中村家にも受け継がれています。ほかにも「利休型12器」や「如心斎判32器」を製作するなど、多様で活発な活動を通して茶器の技術発展に貢献しました。そして現在は、当代十三代になります。2006年(平成18年)に十二代中村宗哲の次女が十三代宗哲を襲名しました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定いたします。