茶道具の買取/福岡・骨董品…福岡市南区で茶道具の茶杓や茶碗、茶合、茶則、鉄瓶や掛軸、棗や茶入れなど多数買取させていただきました。その一つの茶合は時代や銘もあり高価買取させていただきました。「茶合(さごう)」「茶則(ちゃそく)」「茶量(ちゃりょう)」など、煎茶道の流派によって、様々な名称があります。その茶合は仙媒のひとつで、仙境を媒介する道具という意味です。素材で最も多いのは、竹です。縦に半分に割った形をしています。長さは12~15センチくらいで、金属・象牙・木・大理石・漆塗りのものもあります。元は文房の必需品の一つ臂擱(ひかく)を、小型化して代用したことが仙媒の始まりと言われています

茶道具買取・福岡

臂擱の「臂」とは「肘」、「擱」は「置く」という意味。臂擱は、書画を書く時に筆を安定させ、 手や紙を汚さないために腕を乗せて使う道具です。「枕腕」(ちんわん)とも言います。手短にあった文房具の水注を急須として使うようになった文人文化華やかかりし頃、茶則も同様に工夫茶の道具として使われるようになったに違いありません。
茶缶と呼ばれる茶葉入れから茶葉をこぼさないように、茶壺や蓋碗に移すのは案外難しいもの。面倒くさいと、ついつい茶缶からそのまま茶葉を茶器に移してしまったり、手で一握りの茶葉を茶器に投げ入れたりと、いろんな事をして仕舞いがちですが、湿気を吸いやすい茶葉を暖めた茶器から立ちののぼる湯気に晒したり、手で握ってクラッシュさせたりするのは、できれば避けたいもの。そんな時に威力を発揮するのが、この茶則や茶合などの仙媒です。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定いたします。