アンティークなガラス買取/骨董品・福岡…福岡市早良区でレトロな食器やガラス、おもちゃやミニカー、茶道具や書道具、掛軸など多彩な買取をさせて頂きました。ありがとうございました。この中で一番古そうなビール瓶を紹介いたします。

アンティークの買取・福岡

このボトルはキリンビールのビール瓶です。主に昭和初期にかけて使用されていました。ビール瓶は1889(明治22)年に、品川硝子会社で手吹きのビールびんの製造が始まり、同社のびんはキリン、恵比寿、浅田などのビールで使われます。1893(明治26)年になると、田中硝子によってビールびんの本格的量産化が可能になりました。以後も技術が進み、1906(明治39)年にはデッセル式による機械製びんが始まり、1916(大正5)年には全自動製びん機によるびんの大量生産が実現しました。ビールびんの大量生産の一方で、ユニークなびんも現れます。麒麟麦酒が1906(明治39)年に発売した「ピルスナービール」のびんは、背が高くてびん首が長い形をしていましたし。昭和初期には各社から約2L入りの特大びんが次々に発売されました。なお「キリンビール」のブランドが誕生したのは1888(明治21)年のことです。商標を「麒麟」にしようと提案したのは三菱の荘田平五郎で、当時、西洋から輸入されていたビールのラベルに動物の絵柄が描かれていたことから、東洋の想像上の動物である「麒麟」を採用したのではないかといわれています。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎ではアンティークなガラスを買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。