茶道具(茶合)買取/福岡・骨董品…福岡市南区で茶道具や書道具、模型やおもちゃ、掛軸や屏風、有田焼や伊万里焼、柿右衛門など買取り致しました。この竹の茶道具は「茶合」や「茶則」といわれているものです。「仙媒」(せんばい)は、茶葉の量を測って急須にいれるための道具、言わば茶さじです。「茶合(さごう)」「茶則(ちゃそく)」「茶量(ちゃりょう)」など、煎茶道の流派によって、様々な名称があります。仙媒は、仙境を媒介する道具という意味です。

茶道具の買取は福岡玄燈舎素材で最も多いのは、竹です。縦に半分に割った形をしています。長さは12~15センチくらいで、金属・象牙・木・大理石・漆塗りのものもあります。この茶合は時代もあり漢詩が彫られてあり古竹の上等なものでした。煎茶道の道具は大半が中国に起源ですが、この茶合は日本起源の道具です。たまに「唐物」という茶合もありますが、これは中国本土では書道に使う「腕枕」(袖を汚さないためと腕の支えとして置く)として使っていた竹を転用した物で、大きすぎて用途に適していない物も多いようですね。
江戸時代中期、売茶翁が茶葉の量と投入の便宜のためにこの道具を考案したというのが定説となっています。質素清貧をモットーとする売茶翁考案のため、竹を2つか3つ、適当な大きさに割っただけの簡単な物であったといわれるそうです。そして、この形状が現在も受け継がれています。ありがとうございます。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。受付年中無休。