ブロンズ像の買取/福岡・骨董品…福岡市南区でブロンズや仏像彫刻、掛軸や古書、柿右衛門、有田焼や万年筆や模型などアンティークや骨董品を多数お買取り致しました。写真のブロンズは「米治一」作品のブロンズです。とても重量感のあるものですが表情には優しさがありますね。

 

ブロンズ像の買取

 

米治一は、晩年に到っても旺盛な制作意欲を持ち続け、数多くの銅像作品を残しました。彼は根っからの仕事好きで、土を握らない日は一日も無かったと彼を知る人はいいます。戦時中の金属供出で銅像制作が困難だった時代には、横田町の自宅に窯をつくりテラコッタ製作や陶芸に励みました。彼は、展覧会にはたった一度しか出品することはありませんでしたが、生涯のうちになんと2000基以上もの銅像を作り上げました。作品では主に銅器・ブロンズの彫刻を得意とし人物、動物、孔雀などの鑑賞作品を残しているが1943年の第5回新文展では陶器製の象亀置物を製作し出品・入選しています。
また皇居二重橋桁の龍唐草及び照明台、皇居新宮殿屋上瑞鳥の制作に従事しました。その他には福岡県JR博多駅前の巨大な黒田武士像や、和歌山県田辺市湊の弁慶像、岩手県水沢公園の後藤新平像、福岡県JR小倉駅前の祇園太鼓像、福井県永平寺の一葉観音像、長野県野尻湖の金龍銀龍などは代表的な米治一作品です。
ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎ではブロンズ像や仏像を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。受付年中無休。