茶道具(鎖道具)買取/骨董品・福岡。このは鉄瓶や茶釜などを吊り下げる鎖です。作者は清五郎とあります。鎖は、先端に鉤(かぎ)が付いていて、釜の左右の鐶付(かんつき)に、釜鐶(かまかん)を通し、それに釜釣(かまつる)の鉤をかけ、その釜釣に鎖の鉤をかけることにより釜を吊ります。鎖は、「釜鎖」(かまくさり)ともいいます。釜鎖は、四畳半以上の広間で、天井に付いた「蛭釘」(ひるくぎ)に掛けて使い、小間では自在を使います。鎖は、唐物と和物の区別があり、「細鎖」、「一重鎖」、「二重鎖」、「腰細鎖」、「九重鎖」、「ひつなり鎖」、「南蛮鎖」、「小豆鎖」などの種類がります。釜鎖には、象嵌の入ったものもあります。
茶道具の買取

そして釣釜は、天井に打たれた蛭釘(ひるくぎ)から釜を釣り下げる使用するもので、
「雲龍」「車軸」「鶴首」といった細長い小さめのものを使うようです。
雲龍釜に関しては、井伊直弼著『閑夜茶話』に以下のような話があるそうです。
雲龍釜というの初め、東山御物の青磁水指の形より、利休が思いついて釜を作らせたものみたいです。
「絵は探幽なり」という言い伝えもあるとか。また、雲龍が姥口のようになっているのは、少庵の考えのようで、
「煮えが良くもつように」と好まれたものみたいです。利休が好んだのは一重口だそうです。
三月に釣釜にするのには、この春の風情を楽しむことと、炉中に撒かれた灰が増える炉の終わりゆく時期に思いを馳せるという意味もあるのだとか。釣釜は、広間と小間では室礼が異なり、広間では天井に打たれた蛭釘に「鎖」を、
小間では竹や植物の蔓などで出来た「自在鉤」を下げて、その先に釜をかけるようです。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。