花入れの買取(茶道具)骨董品/福岡。 この花入れは生野祥雲斎作品です。とても凛とした姿で余計なものは一切なく存在感のある竹花入れです。共箱、共布も付属しております。祥雲斎は大分県別府生まれで1940年(昭和15年)の文展(紀元二千六百年奉祝美術展)に初入選。

茶道具の買取/福岡
以来、文展に出品し、1943年(昭和18年)には『銘心華賦』が特選となります。第二次世界大戦後は、純粋な造形美を志向した創作を行い、1956年(昭和31年)に『怒濤』が日展北斗賞、1957年(昭和32年)に『炎』が日展特選・北斗賞を受賞し1967年(昭和42年)には竹工芸初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された方です。全て手編みで作られる美しい作品の数々は、まるで完璧に設計されたような美しさを持ち合わせます。さらに、そういった独特の感性から生み出される作品は、工芸品としての竹細工では無く、日用的でありながらも、崇高な芸術品です。 元々は生野祥雲斎は幼少の頃から非常に画家であったり彫刻家などに憧れていた、という事でしたので竹細工でその美的センスが大きく生かされたともいわれておりますざいました。骨董品買取の福岡玄燈舎では花入れや茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定いたします。