工芸ガラスの買取/福岡・骨董品…福岡市西区でとても煌びやかな工芸作家もののガラスや酒器を買取りました。このタンブラーは黒木国昭さんの作品です。光琳雅タンブラーとあります。黒木国昭さんは、1945年宮崎県生まれ。県立小林高校卒業と同時に、ガラス会社に就職し、ガラスの道に入る。
1974年より創作活動を開始し、1977年国家ガラス技能一級を取得。1984年に独立。1989年グラスアート宮崎綾工房を創設し、ガラス工芸では初めての国の卓越技能者「現代の名工」を受賞。西洋のガラスの素材に日本の装飾美・琳派などを融合させてまったく新しい世界を生み出した。国内外で展覧会を展開するなど幅広く活躍中。

ガラスの買取・福岡
黒木さんは日本の文化、歴史、伝統、装飾の世界をガラスという西洋の素材に融合させてきた方です。ガラス工芸作家として、日本国最高水準の技能を有する技術者であることが認められ、国の卓越技術者「現代の名工」を受賞されました。作風の特徴は江戸時代の「琳派」の世界を広くとらえ、西洋の素材であるガラスに日本の伝統美である蒔絵を表現しております。金、プラチナ箔を散らしたガラスにミルフィオリを象嵌した「光琳」は黒木国昭さんの代名詞ともいわれています。尚受賞歴は日本芸術文化賞、国際芸術文化賞、フランス・パリ平和芸術大賞、ローマ大賞、ギリシャ政府大賞、アジア芸術英華勲章、ゴールドコースト市民大賞、宮崎県文化大賞、黄綬褒章等がございます。ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では工芸ガラスを買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定いたします。