版画(絵画))買取/福岡・骨董品…福岡市南区で版画や油絵、シルクスクリーなど絵画を買取致しました。この版画は平山郁夫さんシルクロード「シリア砂漠の夕」です。1979年に毎日新聞社が発行していました。

絵画の買取・福岡

平山さんは昭和5(1930)年6月15日、広島県瀬戸田町(現・尾道市)生まれで東京美術学校(現在の東京藝術大学)日本画科卒業。昭和28(1953)年、「家路」で院展初入選。昭和39(1964)年日本美術院同人、平成8(1996)年日本美術院理事長に就任。平成10年(1998)文化勲章を受章。ほかに、ユネスコ親善大使・世界遺産担当特別顧問、東京国立博物館特任館長、文化財赤十字活動を提唱する文化財保護・芸術研究助成財団の理事長などをつとめました。平山郁夫は中学3年生のときに広島市内で原爆投下を体験しました。広島の惨状を目の当たりにし九死に一生を得た平山は、平和の祈りを込めて絵を描きたいと思うようになります。途中、自分の気持ちを注ぎ込んだ作品を描きたいと三蔵法師・玄奘を描いた作品が《仏教伝来》であり、平山はここから画家としてのスタートを切ることになります。仏教の世界を描く中で、平山郁夫は仏教及び日本文化の源流であるシルクロードへの憧れを強く持つようになりました。また、《仏教伝来》で描いた三蔵法師・玄奘のインドへの旅の追体験を願うようになります。平山さんは、1966年に東京藝術大学の学術調査団の一員としてトルコ・カッパドキア地方の洞窟修道院の壁画模写事業に参加します。これが平山のシルクロード人生の始まりでした。ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では平山郁夫の作品を買取り致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。