琉球焼(壺屋)の買取/福岡・骨董品…福岡市南区でカラカラや抱瓶など壺屋焼の陶器を買取りました。この陶磁器はカラカラと言って末吉窯の作品です。本来は壺屋焼の上焼(じょうやき・じょうやち)のものを指しますが、近年はガラス製(特に琉球ガラス)のものもあるようですね。容量は2合入るものが多いですが、小さな1合用のものなどもあります。

琉球陶器の買取/福岡

 

下部が鏡餅状に膨れた瓶に細長い注ぎ口をつけたような形が標準で高さの割に底面側が大きく安定感がある酒器です。上側中央に泡盛の入れ口があり、注ぎやすいように小型の漏斗状になっています。茶用の急須や焼酎用の千代香に似ていますがカラカラの場合、通常は蓋と取っ手がありません。沖縄の焼き物としては、取っ手も陶土で作り、一体となったアンビン(按瓶)と呼ばれる水差し用の急須もあり、かつては酒器としても使われたましたが割れ易いので現在ではほとんど使われなくなってしまったそうです。一部のものにはラムネ瓶のビー玉のように取り出せない玉(陶製)が内部に入っていることがあり、泡盛が入っていないときに振ると音がするものもあります。空になったかどうか確かめようとカラカラを振ると音が鳴るりますがしかし近年は玉が入っていないカラカラが増え、玉が入っているものは高額なケースが見られます。注意しなくてはいけないことは日本酒で見られる熱燗のような飲み方は、泡盛にはありません。そのためカラカラは直火にかけることができないため、泡盛以外で使用する際には注意が必要です。
骨董品買取の福岡玄燈舎では沖縄琉球陶器を買取ります。福岡県内は無料出張査定いたします。