福岡市で九谷焼や有田焼などの陶磁器や掛軸や珊瑚、書道具などを買取りました。

九谷焼の買取・福岡市

この古い鉢は赤絵の九谷焼で「晴雲堂」とありました。当時、ジャパンクタニと呼ばれて輸出をされた焼物の一つです。石川県南部で生産される九谷焼で 宮内庁御用達の工芸品としてだけでなく、明治時代にウィーン万国博覧会に出展されて以来「ジャパン・クタニ」と呼ばれ、世界的にも有名です。産業九谷焼は江戸末期から現れ始めた、能美地方の佐野、寺井、小松の絵付工房において陶画工が大勢育成され、また他の地からも集まってきて、能美地方で制作された九谷焼(能美九谷)は陶器商人たちを通じて盛んに欧米に輸出されました。
一方、金沢地方では、明治に入ると、県都でもあったので、九谷焼の試験場なとの公的な支援施設ができ、それに連れ、絵付を専業とする工場や陶画工が現れ、資金を持った陶器商人も良質な素地を買ってきて優れた陶画工に絵付をさせたことから、金沢地方で制作された九谷焼(金沢九谷)は、次第に能美九谷を超えるまでになり、やがて輸出九谷の中心となりました。
そして、江沼地方では、小規模ながら、素地作りから絵付までを行う窯元での伝統的な生産体制を主体に、優れた陶画工によって制作された九谷焼(江沼九谷)が制作されました。ありがとうございました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では九谷焼など陶磁器を買取り致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡市内、県内は無料出張査定致します。