福岡市早良区よりご依頼があり骨董品の査定をさせて頂きました。備前焼や有田焼、掛軸や人形、茶道具、模型や柿右衛門など多種多彩な買取をさせて頂きました。ありがとうございました。

達磨買取/福岡・骨董

この達磨は古い備前焼の物で在銘こそありませんはとても味わいのある焼物です。古い家には必ず達磨の置物や焼物、掛軸などがありますね。達磨さんは中国の禅宗の始祖で菩提達磨ともいいます。諡号は円覚大師で南インド香至国の王子で、六世紀のはじめ中国に渡り、嵩山の少林寺で面壁坐禅して悟りを得たという話です。中国には、禅の教えはすでに達磨到着の300年前から伝わっていましたが、いまだ実践する人はほとんどありませんでした。そんな520年の9月21日、中国の広州に、120歳の達磨大師は下り立ったのでした。港に到着すると入国審査でインドから高僧が到着したとわかり、すぐに皇帝に報告がなされました。その皇帝が、中国の歴史上、最も仏教を奉じていたことで有名な梁の武帝で、喜んで都の金陵(現在の南京)に招き、11月1日に宮殿に招待しました。この梁の武帝と達磨大師の有名な禅問答が『伝法正宗記でんぽうしょうしゅうき』や『仏祖統記』などに残っています。このようにして達磨により中国に禅宗が伝えられ、それは六祖慧能にまで伝わったことになっています。さらに臨済宗・曹洞宗などの禅宗五家に分かれます。日本の宗教にも大きな影響を及ぼしたよ骨董品買取の福岡玄燈舎では達磨大師など人形を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡市内、県内は無料出張査定致します。