福岡県春日市にて書道具や茶道具、掛軸や陶磁器、和楽器など買取り致しました。今回はその中の書道具についてお話しいたします。この書道具は印材といって掛軸や書画の落款を押すハンコのようなものです。様々な石や金属、骨といった印材がありますが、中国では珍しい宝石を用いた印鑑が貴重です。さらに金や銀、そして銅などの金属類が身分の高い人に愛されていました。

書道具、印材の買取・福岡
このような印材で作られた印鑑で、尚且つ古いものであれば骨董的な価値も期待できるでしょう。
印鑑を作る際には当然印材を彫ります。、最近も石印材を用いてオシャレな見た目の印鑑を作って愛用している人もいます。普通のお店ではなかなか入手できないような貴重な石印材をわざわざ骨董品屋で購入して、
それを用いて自分のための印鑑を作るというケースもあります。中には相当な値段の石印材もあります。
印鑑は人前に出すものではありませんが、つい見られてしまうこともあります。
ある程度の地位にある人の場合は、見栄えの面でもしっかりとした価値のある印材を使用することが多いです。
印材は側面には複雑な模様、持ち手に当たる上部には、ヘビや龍、鼠などの動物が精巧に彫られているなど、美術的にも高い評価を受けています。また、象牙や印材三宝と呼ばれる田黄石、鶏血石、芙蓉石、寿山石などの印材は、新しいものがもうほとんど手に入らないということで、非常に高値で取引されています。
骨董品買取の福岡玄燈舎では書道具や印材を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡市、県内は無料出張査定致します。