先日は福岡市中央区より壺や皿、陶磁器や掛軸、着物、置物、書道具や模造刀など骨董品全般を買取いたしました。
今回はその一つの伊万里焼の壷を紹介いたします。この壷は「藤井勝雲」さんの作品です。鮮やかな藍色のスッキリとした壷でした。
ご自宅の床の間に並べられていましたがリホームの機会に売却したいとのことでしたので高価買取させていただきました。

壷の買取/福岡市・骨董品
藤井さんは有田伝統の染錦の第一人者で個展を中心に活動し、佐賀県展、西日本陶芸美術展など九州の展覧会に多数入選。
丹念に仕上げられた器は、すべて手書きで制作されており、一筆一筆気の遠くなるような根気と情熱を注ぎます。
豪華絢爛な大壷をオマーン国へ二回納品し、現在も王室に飾られています。藤井さんは、佐賀県有田町に生まれ、兄の藤井邦幸さんに師事しました。昭和58年、藤井勝雲窯を開きました。工房では、藤井氏のお弟子さんらが作陶し、ロクロ体験ご希望の方は、窯を見学できます。た日本の伝統を生かしていることが高く評価され、イタリアワイン「convivio (饗宴)」のラベルに「染錦向日葵文壷」の写真が採用されました。白磁に豪華な絵が描かれ、その色あせることのない模様は、有田焼への誇りが感じられます。

骨董品買取の福岡玄燈舎では床の間の壺や皿を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。福岡市内県内は無料出張査定いたします。