先日は福岡市城南区にて掛軸や茶道具、書道具や油絵、版画、模型、古書など買取りさせて頂きました。
掛軸は書画が多く中には古い中国の掛軸もあり高価買取させて頂きました。ありがとうございました。
この書は黄檗宗の僧侶の掛軸です。黄檗宗の総本山は京都府宇治市にある「黄檗山萬福寺」です。

掛軸の買取・福岡
禅宗五家の1つである中国の臨済宗が起源となっており、宗祖となる隠元禅師は日本からの度々の招きに応じて1654年に来航しました。1661年には後水尾法皇と将軍徳川家綱の庇護のもと、宇治に9万坪の土地が与えられたことをきっかけに「黄檗山萬福寺」を建立しています。黄檗山萬福寺は1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師 によって開創されました。
禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺のご住職をされていました。その当時、日本からの度重なる招請に応じ、63歳の時に弟子20名を伴って1654年に来朝されました。宇治の地でお寺を開くにあたり、隠元和尚は寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では掛軸を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します。