先日は福岡市中央区にて中国煎茶器や茶道具、掛軸、書道具などを買取いたしました。
この茶器は「湯こぼし」と言って茶道で使用されるものです。古い錫や銅製のものが多く
高価買取させていただきました。この湯こぼしは中国製で古い班紫銅の茶器でとても趣のある時代茶道具です。

茶道具を買取ります。
点前中に茶碗をすすいだお湯や水を捨てる容器です。
「水こぼし」、または「こぼし」と呼ばれることもあります。
どのようなお点前においてもなくてはならない道具のひとつです。
古くからある「唐銅」などの金属製の他、陶磁、木竹で
作られるようになり、材質はほぼこの三種類に集約されます。
そして建水には基本の七種類の形があります。 大脇差(おおわきさし)は、千利休が愛用していた形。 武士の脇差しのように常に腰のそばに置いていたことが由来とされます。 差替(さしかえ)は、大脇差のミニサイズ。 棒の先(ぼうのさき)は、かごの担ぎ棒の先の金具の形からきています。
棒槍の鞘(やりのさや)も、槍の先の金具の形が由来です。 瓢箪(ひょうたん)はひょうたんの形をしていて、餌畚(えふご)は袋の口があいた形。 鉄盥(てっぱつ)は浅く平たい形で、托鉢の道具に似ていることが由来です。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定いたします。