おはようございます。秋も近づき紅葉もチラホラ出てきました。
今回の骨董品出張買取は福岡市西区のお寺さんです。
仏画や曼荼羅や書画や般若心経など多彩な買取ができました。ありがとうございました。
特に書は鎌倉時代の書があり高価買取させて頂きました。
中国掛軸の買取
呉晶碩の書です。呉 昌碩(ご しょうせき 、1844年9月12日 – 1927年11月29日)は、中国清朝末期から近代にかけて活躍した画家・書家・篆刻家です。清代最後の文人といわれ、詩・書・画・篆刻ともに精通し、「四絶」と称賛され、中国近代でもっとも優れた芸術家と評価が高いかたです。もとの名は俊(しゅん)、のちに俊卿(しゅんけい)、字をはじめ香圃。1912年(民国元年)、69歳から昌碩となります。別字に蒼石・倉石・倉碩。号に缶廬・苦鉄・破荷・大聾・老蒼・石尊者・石人子・石敢当・破荷亭長・蕪青亭長・五湖印丐などが記されております。
骨董品買取の福岡玄燈舎では中国の掛軸や書を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡市内県内は無料出張査定致します。