おはようございます!福岡市東区でブロンズ像や陶磁器、掛軸、茶道具、など買取いたしました。
この銅製の大黒様は「秀城刻」銘があるとても古いものでした。
ブロンズ仏像買取・福岡

大黒様はインド神話にルーツを持つ神様です。元は荒々しい破壊神の姿をしていましたが、中国を経て日本に伝わる中で打ち出の小槌に大袋を背負った現在の穏やかな姿になりました。七福神の1人として知名度も高く、大黒天を祀るお寺も全国にあります。そして日本という国を造る大偉業を成し遂げた大国主命(オオクニヌシノミコト)という国津神を代表する神様です。大国主命はヤマタノオロチを退治することで有名なスサノオノミコト(素戔嗚尊)の子・もしくは6代目の子孫として描かれます。
国造りという偉業を成し遂げた後、アマテラスオオミカミ(天照大御神)が苦労して作った国をこちらによこしなさい(※)と勧請が来たのに対し、抵抗もせず国を譲る(国譲りという場面)というとても賢明な神様なのです。日本へは最澄(さいちょう)によってもたらされ、天台宗の寺院を中心に祀られたのがその始まりといわれます。その後、台所の守護神から福の神としての色彩を強め、七福神の一つとなり、頭巾(ずきん)をかぶり左肩に大袋を背負い、右手に小槌(こづち)を持って米俵を踏まえるといった現在よくみられる姿になりました。商売繁盛を願う商家はもとより、農家においても田の神として信仰を集めています。
骨董品買取の福岡玄燈舎では仏像やブロンズ像を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定いたします。