こんにちは。先日は福岡市中央区より骨董品の買取依頼を受け御邪魔いたしました。
陶磁器の花瓶や壺大皿や茶器、屠蘇器セット、掛軸など買取り致しました。

この花入れは健軍窯で修行した長木 實さんが、1998年に宇城市松橋町に開窯して作ったものです。
白小代、黄小代と呼ばれる、釉薬で変化する色味の美しさが魅力の小代焼の特徴を守りながら、毎日の生活に楽しく使ってもらえる作品を作り続けている方です。小代焼とは、熊本県玉名郡南関町や荒尾市など、熊本県北部で約400年前から焼き続けられてきた陶器。荒尾市の東に位置する小岱山 (しょうだいさん) の麓から採れる陶土を原料としていることから、小岱焼と言われることもあります。色により青小代、黄小代、白小代と分けられ、どれも素朴かつ力強い味わいがあります。肥後藩の御用窯として茶陶器が作られたほか、日用の雑器も作られ、その芸術性が高く評価されている焼物です。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では陶磁器の花瓶や壺を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します。